チューイング(噛み吐き 噛み砕き チューイング症) チューイングとは 症状と原因 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > チューイング


チューイングとは

チューイング(噛み吐き、噛み砕き)とは、摂食障害の一種です。

チューイングは、食べ物を口に含んでよく噛み、飲み込まずにビニール袋などに吐き出すという行為を一定時間に渡って行うものです。

チューイングでは、脳は食事をしている状態だと認識しますが、食べ物をほとんど飲み込まずに吐き出してしまうため、栄養が吸収されず低血糖状態に陥ったり、異常に食欲が湧いたりします。

次第にチューイングだけで満足感を得られなくなってくると、過食嘔吐や、 チューイングによる少量の食べ物の飲み込みも恐れて拒食症に移行する場合もあります。


チューイングの症状・特徴

  • 顔がむくむ。
  • 基礎代謝が下がる。
  • 口内炎や血豆ができやすくなる。
  • 自律神経を乱す。
  • 唾液腺が腫れる。
  • 胃炎を引き起こすことがある。
  • 虫歯になることがある。
  • 月経が停止することがある。
チューイングには、周期性と習慣性があるとされます。

チューイングは、通常は一人になれる場所や状況下で行われますが、状況や場所を問わずどこでも行うようになることもあります。

どこでもチューイングしてしまうのではないかという恐怖心から、会食恐怖・会食不能に陥ることもあります。


チューイングの病院での診断・治療科

  • 心療内科
  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


チューイング TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.