依存症(いそんしょう いぞんしょう) 依存症とは チェック 症状と原因 治療法(カウンセリング)と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 依存症


依存症とは

依存症(いそんしょう、いぞんしょう)とは、精神に作用する化学物質の摂取や、快感や高揚感を伴う特定の行為を繰り返し行った結果、その刺激を求める抑えがたい欲求が生じ、その刺激を追い求める行動が優り、その刺激がないと不快な精神的・身体的症状を生じる精神的・身体的・行動的状態です。


依存症の種類・分類

物質への依存

  • アルコール依存症
  • 摂食障害
  • 薬物依存症

過程への依存

  • ギャンブル依存症
  • ネット依存症

人間関係・関係への依存

  • 共依存
  • 恋愛依存症

依存症の症状・病態

依存症の症状は、精神症状(精神依存)と身体的離脱症状(身体依存)に分類されます。

精神依存はあらゆる物質や行為に現れますが、身体依存はすべての依存に現れるわけではありません。

精神依存
使用のコントロールができなくなる症状。使用を中止すると、精神的離脱症状として強い不快感を感じ、その物質を探すなどの行動を起こす。
身体依存
その使用を中止することで痙攣(けいれん、ケイレン)などの身体的離脱症状(退薬症状、禁断症状)が出現することがある。

依存症の心理学的な特徴

否認
  • 第一の否認
    依存による有害性を過小評価して、自らの問題性を否認する。周囲の人が「第一の否認」をすることもある。
  • 第二の否認
    依存によって依存対象以外にも生じてしまった問題を否認する。周囲との人間関係やコミュニケーション、経済問題やその人の内面などに問題があることを否認する。周囲の人が「第二の否認」をすることもある。

衝動性
依存症患者は衝動性や刺激追求が高い。

依存症の原因説・要因説

  • 遺伝

依存症の診断基準

次の条件のうちいくつかを満たすとき、依存症の可能性があります。
  • 耐性の形成
  • 離脱症状
  • 当初の予定よりも大量または長期にわたる物質の使用
  • 行為を中止または制限しようとする持続的な欲求と、中止または制限しようとしての失敗
  • 物質を得るために必要な活動・物質使用、または物質の作用からの回復などに費やされる時間の過大
  • 物質使用のために重要な社会的・職業的・娯楽的活動の放棄または減少
  • 精神的・身体的問題が物質によって持続的または反復的に起こり、悪化していることを知っているにもかかわらずの、物質使用

依存症の病院での診断・治療科

  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

依存症がよくわかる本―家族はどうすればよいか?

恋愛依存症―失われた愛情と心の傷を癒す

依存症のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

依存症の真相 ?アダルトチルドレンとADHDの二重奏?




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


依存症 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.