自臭症(じしゅうしょう 自己臭症 自己臭恐怖症) 自臭症とは 症状と原因 診断と解決策と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 自臭症


自臭症とは

自臭症(じしゅうしょう、自己臭症、自己臭恐怖症)とは、嗅覚(きゅうかく)に幻覚が出る幻嗅(げんきゅう)の一種です。

自臭症は、周囲から臭いと思われていると思い込む精神疾患です。


自臭症の症状・特徴

  • 実際には発せられていない自身からの口臭や体臭によって周囲に嫌がられているのではないかという妄想を生じる。
  • うつ病(鬱病、欝病)を合併し、引きこもりや自殺に至ることもある。

自臭症の原因・要因

  • 几帳面
  • 潔癖(けっぺき)
自臭症は、周囲の人に口臭や体臭などを指摘されることで、本来であればたいしたことのない行動を自身からの臭いによると思い込んでしまうために発症します。


自臭症の治療法・治療薬

  • 面接療法
自分の口臭や体臭などが他人に迷惑をかけていないことを自覚することが重要です。


自臭症の病院での検査・診断科

  • 神経科
  • 心療内科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


自臭症 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.