過敏性腸症候群(過敏性大腸症候群 過敏性大腸炎 IBS) 敏性腸症候群とは 症状と原因 治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 過敏性腸症候群


過敏性腸症候群とは

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん、IBS、過敏性大腸症候群)とは、腸の運動および分泌機能の異常で起こる病気の総称です。


過敏性腸症候群の症状・特徴

ガス型 過敏性腸症候群
過剰なストレスにより腹にガスが溜まる。
不安定型 過敏性腸症候群(交代性便通異常)
腹痛および腹部の違和感。下痢と便秘が複数日間隔で交互に起こる。
分泌型 過敏性腸症候群
強い腹痛の後、大量の粘液を排泄する。
慢性下痢型 過敏性腸症候群(神経性下痢)
少しでもストレスや不安を感じると下痢を起こす。

過敏性腸症候群の原因・要因

過敏性腸症候群の精神的原因

  • 自律神経の異常
  • ストレス
    • 精神的不安
    • 過度の緊張

過敏性腸症候群の身体的原因

  • アルコールの多量摂取
  • 身体の冷え
  • 過度の喫煙
  • 過労
  • 暴飲暴食

過敏性腸症候群の治療法・治療薬

精神的原因の過敏性腸症候群
精神的に不安定な状態を解消し、ストレスの原因をはっきりさせ、ストレスの原因を取り除く。
身体的原因の過敏性腸症候群
暴飲暴食、アルコール・喫煙の多量摂取を避け、食生活および生活習慣を改善する。

過敏性腸症候群の病院での診断科

  • 胃腸科
  • 消化器内科
  • 心療内科
  • 内科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

過敏性腸症候群はここまで治る

よくわかる過敏性腸症候群 (わが家のお医者さんシリーズ)

過敏性腸症候群の診断と治療―Rome3新診断基準を踏まえた合理的アプローチ

過敏性腸症候群―脳と腸の対話を求めて




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


過敏性腸症候群 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.