解離性障害(かいりせいしょうがい 解離性精神障害 解離性症候群) 症状と原因 治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 解離性障害


解離性障害とは

解離性障害(かいりせいしょうがい、解離性精神障害、解離性症候群)とは、神経症の一種です。

解離性障害は、心的外傷への自己防衛として、自己同一性を失い、自分が誰か理解不能であったり、複数の自己を持ったりします。


解離性障害の種類・症状

解離性運動障害
運動能力が失われる。運動失調を示し協調運動が障害されたり、介助なしで起きたりできない。
解離性痙攣(かいりせいけいれん)
てんかん発作に似た痙攣。
解離性健忘(かいりせいけんぼう)
ストレスになる自分の情報を、広い範囲にわたって思い出せない。
解離性昏迷(かいりせいこんめい)
随意運動、発語、光・音・接触への正常反応が、低下または消失する。
解離性遁走(かいりせいとんそう)
突然放浪し、過去の出来事を思い出せない。自分が自分であることに混乱する(自己同一性の混乱)。新たな自己同一性を装う。
解離性知覚麻痺・知覚脱失
皮膚感覚が部分的に麻痺したり、完全になくなったりする。
解離性転換障害
突然昏睡(こんすい)状態に陥り、意識を失ってしまう。 身体症状としては、体が思うように動かせなくなる、声が出なくなる、目が見えなくなるなど。精神症状としては、体と心が分離したかのような状態になり、一定時間の自分の言動を思い出せなくなる。
解離性同一性障害
明確に区別できる複数の人格が同一人に存在し、それらの複数の人格が本人の行動を統制する。本人の個人情報を思い出せない。
ガンザー症候群
曖昧(あいまい)な受け答えや前後の文脈と関係のない的外れな話をしたりする。
トランス
人格同一性の感覚が無くなる、身辺状況の認識・関心が低下するなど、意識状態が一過性に変化する。
憑依障害(ひょういしょうがい)
霊・神などの他者に取りつかれていると感じる。
離人症性障害
自分の精神または身体から離れて、持続的または反復的に、まるで自分が傍観者であるかのように感じる。

解離性障害の診断

症状の発生とストレスの原因に時期的関連があること。


解離性障害病院の治療科

  • 心療内科
  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

こころのりんしょうa・la・carte Vol.28No.2(2009.June)〈特集〉解離性障害

解離性障害の治療技法

解離性障害―多重人格の理解と治療

解離性障害 (新現代精神医学文庫)




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


解離性障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.