解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい 多重人格障害 DID) 解離性同一性障害とは 症状と原因 治療法と薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 解離性同一性障害


解離性同一性障害とは

解離性同一性障害(かいりせいどういつせいしょうがい、DID、多重人格障害)とは、解離性障害の一種です。

解離性同一性障害は、特に幼児期に性的虐待などの強い心的外傷から逃れようとした結果、解離により個人の同一性が損なわれる疾患です。


解離性同一性障害の症状・特徴

解離性同一性障害は、明確に独立した性格・記憶・属性を持つ複数の人格が一人の人間に現れます。

解離性同一性障害患者のほとんどが、人格の移り変わりによって高度の記憶喪失を伴います。

解離性同一性障害は、強い不安、うつ(鬱、鬱)状態、不眠などを伴うことが多いです。


解離性同一性障害の男女比

男性より女性の方が多い。


解離性同一性障害の関連用語

  • システム
  • 人格状態
  • 基本人格
  • 主人格
  • 交代人格
  • 保護人格
  • ISH
  • 統合

解離性同一性障害の診断

  • 2つ以上の複数の明確な人格状態が存在する。
  • その複数の人格状態が患者の肉体を入れ替わり支配している。
  • 人格間の記憶は独立しており、強い記憶喪失を伴う。
  • 以上の状態の発生が、薬物などの物質的作用や生理的作用によるものではない。

解離性同一性障害の治療法・治療薬

解離性同一性障害の確立された治療法は現在ありません。
  • カウンセリング
  • 薬物療法
    • 抗不安薬
    • 睡眠導入剤
    • 抗精神病薬

解離性同一性障害の病院での診断科

  • 神経科
  • 心療内科
  • 精神科
  • クリニック

  



関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

こころのりんしょうa・la・carte Vol.28No.2(2009.June)〈特集〉解離性障害

解離性障害の治療技法

解離性障害―多重人格の理解と治療

解離性障害 (新現代精神医学文庫)




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


解離性同一性障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.