強迫性障害(きょうはくせいしょうがい 強迫神経症 OCD) 強迫性障害とは 症状と原因 治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 強迫性障害


強迫性障害とは

強迫性障害(きょうはくせいしょうがい、OCD、強迫神経症)とは、不安障害の一種です。

強迫性障害は、強迫症状が特徴です。


強迫性障害の強迫症状・特徴

強迫観念
本人の意志と無関係に頭に浮かぶ、不快感や不安感を生じさせる観念を指す。強迫性障害の患者は、不快感や不安感が強く長く続く。
強迫行為
強迫観念を打ち消したり振り払うための行為。強迫行為をやめると不安や不快感が伴うためなかなかやめることができない。

強迫性障害の具体的な強迫症状・特徴

縁起恐怖(縁起強迫)
自分が宗教的あるいは社会的に不道徳な行いをしてしまうのではないかあるいはしてしまったのではないかと異常に恐れる。
加害恐怖
自分の不注意などによって他人に危害を加える事態を異常に恐れる。
確認行為(確認強迫)
外出や就寝の際に、家の鍵やガスの元栓、窓を閉めたかが気になり、何度も戻ってきて確認しないと気が済まない。
自殺恐怖
自殺してしまうのではないかと異常に恐れる。
数唱強迫
不吉な数やこだわりの数があり、その数を避けたり、その回数を繰り返したりする。
被害恐怖
自分が自分自身に危害を加えること、または自分以外のものによって自分に危害が及ぶことを異常に恐れる。
不完全恐怖(不完全強迫)
物を順序よく並べたり、対称性を保ったり、きちんとした位置に収めないと気が済まない。
不潔強迫
手や体の汚れが気になり、手や体を何度も洗わないと気が済まない。
保存強迫
自分が大切な物を誤って捨ててしまうのではないかという恐れから、不要品を家に貯めこむ。

強迫性障害の強迫症状に伴うもの

回避
強迫観念や強迫行為は強迫性障害の患者を疲労させるため、強迫性障害の患者は強迫症状を引き起こすような状況を避けようとして、生活の幅を狭める。
巻き込み(巻き込み型)
強迫行為が強迫性障害の患者自身の行為で収まらず、家族や友人に懇願したり強要したりする。

強迫性障害の原因・要因

  • 心理的な要因
  • 体質
    • 几帳面
    • 生真面目
  • 脳内部の化学的な働きの不具合

強迫性障害の発病率

100人に2人


強迫性障害の患者の有名人・芸能人

  • デビッド・ベッカム(でびっど・べっかむ)

強迫性障害の治療法・治療薬

  • 行動療法
  • 認知行動療法
  • 薬物療法
    • 抗うつ薬

強迫性障害の病院の検査・診断科

  • 心療内科
  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

強迫性障害を自宅で治そう!―行動療法専門医がすすめる、自分で治せる「3週間集中プログラム」。

強迫性障害・聞きたいこと知りたいこと

強迫性障害からの脱出

強迫性障害は治ります!―ある体験者の苦悩と快復した喜びの報告

強迫性障害治療ハンドブック




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


強迫性障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.