パニック障害(不安神経症 パニックアタック パニックディスオーダー PD) 症状と原因 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > パニック障害


パニック障害とは

パニック障害(パニックしょうがい、PD、不安神経症、パニックアタック)とは、不安障害の一種です。

パニック障害は、強い不安感が主な症状です。


パニック障害の症状・特徴

パニック発作
  • 息苦しさ
  • 恐怖感
  • 手足のしびれ
  • 動悸(どうき)
  • 吐き気
  • 不安感
  • めまい

予期不安
パニック障害患者は、パニック発作を非常に恐れ、またパニック発作が起こるのではないかと不安になる。

広場恐怖
パニック障害患者は、パニック発作の繰り返しとともに、パニック発作が起きた場合にその場から逃れられない状況を避けるようになる。

二次的うつ(鬱、欝)
予期不安や広場恐怖により社会的に隔絶された状態が続くと、そのストレスや自信喪失などによってうつ(鬱、欝)状態となることがある。

パニック障害の元患者芸能人

  • 高木美保(たかぎみほ)
  • 円広志(まどかひろし)

パニック障害の診断

  • パニック発作が繰り返し発生する。
  • パニック発作に対する予期不安が1ヶ月以上続く。

パニック障害の治療法・治療薬

  • 精神療法
    • 疾患に対する医師の説明
    • 心理教育
    • 認知行動療法
  • 薬物療法
    • 抗うつ薬
    • 抗不安薬

パニック障害の認知行動療法

  • 予期不安と自己観察によって自己暗示がかかり、症状が生じてきていることを確認する。
  • 症状がパニック障害であり、死や発狂につながるものでははないことを納得する。
  • 不安から逃れようとすることが、予期不安を強化し、自己暗示の悪循環を作っていることを理解する。
  • 日常生活において、不安に左右されず、不安を無視して生活をすることを心がける。

パニック障害の病院の診断科

  • 神経科
  • 心療内科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

パニック障害からの快復 こうすれば不安や恐怖は改善できる

不安・恐怖症のこころ模様―パニック障害患者の心性と人間像 (こころライブラリー)

私のパニック障害―患者から学ぶ安心生活の方法

パニック障害―治療・ケアに役立つ実例集

パニック障害は治る―認知行動療法から食事法、薬の上手な飲み方まで




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


パニック障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.