躁うつ病(そううつ病 躁鬱病 そううつびょう 双極性障害 双極性感情障害) 症状 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 躁うつ病


躁うつ病とは

躁うつ病(そううつびょう、躁鬱病、双極性障害、双極性感情障害)とは、気分障害の一種です。

躁うつ病は、躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患です。


躁うつ病の症状・特徴

躁状態
  • 快楽的活動に熱中
  • 活動の増加
  • 観念奔逸
  • 自尊心の肥大
  • 睡眠欲求の減少
  • 多弁
  • 注意散漫

軽躁状態
基本的に躁状態と同じ症状であるが、社会的・職業的機能に影響のない程度のもの

うつ状態
基本的には、エネルギーが高まった躁状態に対して、うつ状態はエネルギーの低下状態と理解できる。

その他の症状
  • 不安(不安障害)
  • 強迫観念(強迫性障害)

うつ状態と躁状態の原因・要因

  • 遺伝
  • 神経伝達機構の障害

躁うつ病の治療上の注意点

  • 必ず精神科の医師にかかる。
  • 医療機関は通院しやすさも考慮する。
  • 医師と合わないと思う場合は、その旨を率直に相談する。
  • 向精神薬を服用している場合、アルコールは摂取しない。
  • うつ状態の時は物事を深く考えない。適切な睡眠をとり、脳と体を休ませることに集中し、新しいことには取り組まない。
  • うつ状態の場合、完全に良くなろうと思わず、生活できていれば良くやっていると自分を評価する。
  • 躁状態の患者は怒りっぽく、躁状態で起こした問題行動について注意すると喧嘩や暴力に及ぶことがあるため注意する。
  • 躁状態の場合、家族または周囲の者はその状態を受け入れ、やんわりと注意し、お金やクレジットカードや実印などを取り上げる。
  • 早めに精神科を受診させ、薬物療法を受けさせる。

躁うつ病の治療法・薬

  • カウンセリング
  • 疾患教育
  • 薬物療法
    • 気分安定薬(感情調整剤)
    • 抗うつ薬
    • 抗精神病薬
    • 睡眠導入剤

躁うつ病の診断科

  • 神経科
  • 心療内科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

双極性障害(躁うつ病)のことがよくわかる本 (講談社健康ライブラリーイラスト版)

バイポーラー(双極性障害)ワークブック―気分の変動をコントロールする方法

うつ病・双極性障害で悩まないで!

双極性障害の治療スタンダード

双極性障害 (専門医のための精神科臨床リュミエール 6)




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


躁うつ病 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.