適応障害(てきおうしょうがい 社会適応障害 しゃかいてきおうしょうがい) 症状と原因 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 適応障害


適応障害とは

適応障害(てきおうしょうがい、社会適応障害)とは、精神疾患の一種です。

適応障害は、ストレス障害に分類されます。

適応障害は、ストレスにより、日常生活や社会生活、職業・学業的機能において著しい障害がおき、一般的な社会生活を送れなくなります。

適応障害の原因は、生死に関わる強大なストレスではありません。

適応障害の患者のストレスに対する弱さが、適応障害につながることが多いです。


適応障害の症状・特徴

  • 業績や学力の低下
  • 気分障害
  • 抑うつ気分
  • 声を荒げる
  • 頭痛
  • 生活機能の低下
  • 摂食障害
  • 動悸(どうき)
  • 泣き出す
  • 不安感
  • ふるえ

適応障害の原因・要因

  • 学業の不振
  • 仕事のトラブル
  • 失恋
  • ストレスに対する弱さ

適応障害の有名人

  • 皇太子妃雅子(こうたいしひまさこ)

適応障害の診断

  • 確認でき、継続的かつ反復的にかかり続けるストレスが発症の原因であり、そのストレスを受けてから3ヶ月以内に情緒面かつ行動面で症状が発生する。
  • ストレス原因と接した際の苦痛の反応、または社会生活、職業・学業的機能において著しい障害が起きる。
  • 不安障害、気分障害、うつ病などの既存の病気が原因ではなく、ストレスが死別反応によるものではない。
  • ストレスの原因が除去された場合、半年以内に症状が改善する。

適応障害の治療法・治療薬

  • ストレスの原因の除去
  • 精神療法
    • ストレスに対する弱さの体質改善
  • 薬剤療法
    • 抗うつ薬
    • 抗不安薬

適応障害の病院での検査・診断科

  • 心療内科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

マジメすぎて、苦しい人たち―私も、適応障害かもしれない…   

適応障害の解決―解決志向ブリーフセラピーによるアプローチ

適応障害の心理臨床 (臨床心理学大系)

不登校と適応障害 (思春期青年期ケース研究)




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


適応障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.