薬物依存症(やくぶついぞんしょう 薬物中毒 ヤク中 ヤクちゅう) 薬物依存症とは 症状 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 薬物依存症


薬物依存症とは

薬物依存症(やくぶついそんしょう、やくぶついぞんしょう、薬物中毒、ヤク中)とは、精神疾患のうち依存症の一種です。

薬物依存症は、依存症の中でも「物質に対する依存」に分類されます。

薬物依存症は、特に脳神経の神経伝達物質と報酬系などに作用する薬物による依存の場合が多いです。

アルコールやニコチンなども薬物依存症に含めます。

また、麻薬や向精神薬、覚せい剤などによるものを薬物依存症ということもあります。


薬物依存症の概説(まとめ)

薬物依存症の症状としては、精神的依存と身体的依存があります。

また、薬物依存症には、脳内麻薬過剰分泌による耐性(薬物耐性)があります。

薬物依存症は、意志や人格に問題があるというより、依存に陥りやすい脳内麻薬分泌を正常に制御できない状況が引き起こした病気です。

薬物依存症は、問題性を否認しているうちに、肉体・精神・実生活を徐々に破壊していきます。

薬物依存症は、家族などを巻きこみながら進行し、社会生活や生命の破滅に至ることもあります。


薬物依存症の病院の検査・診断・治療科

  • 神経科
  • 精神科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る


関連注目本

援助者のためのアルコール・薬物依存症Q&A

薬物依存症ハンドブック

榎本稔著作集〈3〉アルコール・薬物依存症

アルコール・薬物依存症の看護 (精神看護エクスペール)

依存性薬物と乱用・依存・中毒―時代の狭間を見つめて




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


薬物依存症 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.