全般性不安障害(全般性不安神経症) 全般性不安障害とは 症状と原因 診断と治療法と治療薬 病院

サイトマップ
心の病気 こころの病気 精神疾患 精神障害-心の薬箱
心の薬箱HOME > 全般性不安障害


全般性不安障害とは

全般性不安障害(ぜんぱんせいふあんしょうがい、全般性不安神経症)とは、不安障害の一種です。

全般性不安障害は、特殊な状況に限定されない、理由の定まらない不安が長期間続き、ついには日常生活にも支障を及ぼします。


全般性不安障害の症状・特徴

  • 仕事や学業、将来、天災、事故、病気などの様々な出来事または活動について、過剰な不安と心配がある。不安の原因は特定されたものではない。
  • 不安や心配を感じている状態が6か月以上続いており、不安や心配がない日よりある日のほうが多い。
  • 不安や心配は、下記3つ以上の症状を伴っている。
    • 落ち着かない、緊張してしまう、過敏になる。
    • 疲れやすい。
    • 集中できない、心が空白になる。
    • 刺激に対して過敏に反応する。
    • 頭痛や肩こりなど筋肉が緊張している。
    • 眠れない、または熟睡した感じがない。

全般性不安障害の原因・要因

  • 遺伝
  • 自律神経の障害
  • 神経質
  • ストレス

全般性不安障害の病院での診断・治療科

  • 心療内科
  • 精神科
  • 内科
  • クリニック


関連最新トップセラー

関連最新トップセラーをもっと見る




心の病気メニュー
アルコール依存症
薬物依存症


解離性同一性障害(多重人格障害)




うつ病
躁病
躁うつ病(双極性障害)




境界性人格障害


睡眠相後退症候群
ナルコレプシー
不眠症



過食症
拒食症
チューイング
むちゃ食い障害


主人在宅ストレス症候群



強迫性障害
社会不安障害
全般性不安障害
パニック障害


全般性不安障害 TOP▲
心の薬箱HOME  免責事項  プライバシーポリシー   リンクについて Copyright (C) 心の薬箱 All Rights Reserved.